2017年1月23日月曜日

シンポジウム「外来種問題を考えるシンポジウム~島嶼の生態系を守るために~」

2月25日(土)に、日本自然保護協会とWWFジャパンが主催で、外来種問題を考えるシンポジウムを開催いたします。
当財団も本シンポジウムの趣旨に賛同し、後援させていただいております。
本シンポジウムは、市民、専門家、行政関係者など、多くの方々を対象に開催されるものです。
ぜひお誘いあわせの上、お越しください。


**************************
今、世界的に外来種の脅威が認識されています。

 今年9月に行われた国際自然保護連合の世界自然保護会議でも、関係する様々な措置を求めるホノルルチャレンジが採択されました。
 特に島嶼(島々)では外来種侵入の「予防」が大事だと確認され、日本自然保護協会が他5団体と共同で提出した勧告「島嶼生態系への外来種の侵入経路管理の強化」も採択されました。これは、土砂など大量の資材を遠方に運ぶと、外来種侵入の危険性が高く、その払拭には多くの要件がある旨を、日本政府に認識するよう促すものです。

 今回のシンポジウムでは、市民(NGO)、行政、専門家のそれぞれから外来種対策の課題や事例を問題提起した上、総合討論で解決の方向性を共有します。

 日時:2月25日(土) 12:00開場 12:30~16:30予定
 場所:中央大学駿河台記念館670教室(東京都千代田区) 
 主催:WWFジャパン、日本自然保護協会(NACS-J)
 後援:自然保護助成基金

プログラム
 基調講演 「なぜ外来生物は増えるのか?その防除の成功の鍵は何か?」五箇公一(国立環境研究所)
 
 話題提供①「WWF-Jがこれから取り組む外来種問題について」権田雅之((公財)世界支援保護基金ジャパン」
 話題提供②「沖縄県における外来種問題」佐々木建志(琉球大学農学部博物館)
 話題提供③「IUCN世界自然保護会議での勧告について」安倍真理子((公財)日本自然保護協会)

 パネルディスカッション「外来種問題解決のために必要なことは何か?」
   コーディネーター:草刈秀紀((公財)世界自然保護基金ジャパン)

※入場無料、先着120名
要事前申込
 申込先: NACS-J保護室 外来種シンポジウム担当 umi@nacsj.or.jp 
   申込方法: ①~④をメールでお知らせください。
      (①お名前/②ご所属/③本シンポジウムをお知りになった媒体/
       ④連絡先(当日連絡先およびFAX番号・メールアドレス(あれば))

シンポジウム 「失われる沿岸の自然と公共事業 ―辺野古・諫早・泡瀬・三陸・湘南」

2月18日(土)に、下記の通り、海の生き物を守るシンポジウムが開催されます。
このシンポジウムは、自然保護助成基金第27期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成により実施されます。

海の生き物や、自然に興味のある、多くの方々のご参加をお待ちしております。


生き物守るシンポジウム2017
「失われる沿岸自然と公共事業 ―辺野古・諫早・泡瀬・三陸・湘南」

開催趣旨
辺野古はじめとして、日本各地で公共事業による沿岸環境破壊が進んでい
ます。そ大きな原因として、沿岸環境守る一貫した国政策が、これまで
ほとんど無かったこと挙げることができると思います。生物多様性条約
COP10 で日本政府が世界に公約した愛知ターゲットについては、少なくとも
生き物に関しては、達成できる見込みは少ないと言わざる得ません。
各地沿岸生き物と環境が公共事業によってどような状況にあ
告していただき、問題は何か、どうすれば良いか、これから何が必要な
皆様と議論したいと思います。


日時:2017 年2 月18 日(土)13:30~16:30
場:梅小路公園「緑館」1F イベント
   (京都水族館となり)

プログラム(予定)
13:00 開場
13:30~13:40 開挨拶
向井 宏(生き物守る
◇講演
13:40~14:10 「閉め切りから20 年有明・諫早湾」佐藤正典(鹿児島大学)
14:10~14:40 「泡瀬干潟現状と失われたも」前川盛治(泡瀬干潟守る連絡
14:40~15:10 「三陸森里つながり断絶する巨大防潮堤」田中 克(舞根森里研究所)
15:10~15:20 休憩
15:20~15:45 「辺野古・大浦湾サンゴ礁危機と再生」安部真理子(日本自然保護協
15:45~16:10 「オリンピックにより開発危機に晒される相模湾」大久保奈弥(東京経済大学)
16:10~16:30 「沿岸危機守るため提言」向井 宏(生き物守る
16:30 閉


ウェブサイトからもご覧いただけます
http://www.nacsj.or.jp/katsudo/wetland/2017/01/2017.html

2017年1月6日金曜日

シンポジウム「どうしたら有明海は再生するのか」


当財団の第27期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成を受けている、
有明海漁民・市民ネットワークが下記の通りシンポジウムを開催いたします。
ご興味のある方は、ぜひお誘いあわせの上、ご参加下さい。



  諫早湾潮受け堤防の開門をめぐる裁判の和解協議で、開門に代わる
有明海再生策として国が提示した「基金案」が波紋を呼んでいます。こ
れは国から地元の漁業団体などに10年間で100億円の対策費を拠出する
という和解案ですが、紛争の真の解決は、有明海再生の実現にあるはず
です。
 2000年冬期の養殖ノリの大不作を受けて組織された有明海ノリ不作等
対策関係調査検討委員会は、有明海の再生のために、諫早湾の開門調査
を提言しました。しかし、国は2002年に短期開門を行った後は、中長期
の開門を見送り、再生策を審議する新たな場として、有明海・八代海総
合調査評価委員会を発足させました。この評価委員会が2006年に取りま
とめた報告に沿って、この10年間、さまざまな対策が実施されてきまし
たが、有明海の漁業環境は改善せず、魚介類は減少の一途をたどってい
ます。
 評価委員会は2016年度中に2回目の報告を取りまとめる予定で、現在、
その最終案が審議されています。そこで今回のシンポジウムでは、評価
委員を務めている研究者の方にもご登壇いただいて、審議中の報告案の
内容も含めて、これまでの調査研究や対策を検証し、どうしたら有明海
は再生するのか、その課題について考えていきます。
 一般の方を対象にしたシンポジウムですので、お気軽にご参加いただ
きますよう、よろしくお願いいたします。

●日 時:2017年1月22日(日)午後1時30分〜4時30分
●場 所:佐賀県弁護士会館
      〒840-0833 佐賀県佐賀市中の小路7−19
●主 催:諫早湾開門研究者会議/有明海漁民・市民ネットワーク
●参加費:無料

●プログラム
・有明海再生をめぐる動向と課題
   陣内隆之 有明海漁民・市民ネットワーク
・基調講演1
  有明海奥部と全域における諫早湾潮止め後19年間にわたる
  底生動物生息状況の長期変化
   東 幹夫 長崎大学名誉教授
        元有明海ノリ不作等対策関係調査検討委員
・基調講演2
  有明海における環境の長期変化
   速水祐一 佐賀大学低平地沿岸海域研究センター准教授
       有明海・八代海等総合調査評価委員
・パネルディスカッション
  有明海再生のための調査研究・対策の課題
  〜評価委員会2016年報告案も含めて〜
   パネリスト
    東 幹夫  長崎大学名誉教授
    小松利光  九州大学名誉教授
          有明海・八代海等総合調査評価委員
    佐々木克之 元水産庁中央水産研究所室長
    堤 裕昭  熊本県立大学環境共生学部教授
    速水祐一  佐賀大学低平地沿岸海域研究センター准教授
          有明海・八代海等総合調査評価委員
・総 括 高橋 徹 熊本保健科学大学保健科学部教授

●お問い合わせ
有明海漁民・市民ネットワーク東京事務局
TEL/FAX 03-3986-6490 Eメールph@ariake-gyomin.net

※このシンポジウムは、公益財団法人自然保護助成基金第27期
(2016年度)プロ・ナトゥーラ・ファンド助成を受けて実施します。

※転載大歓迎!


2016年12月13日火曜日

シンポジウム「東京湾の再生と葛西三枚洲 ラムサール条約への登録を目指して」

当財団が第27期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成によって助成している、野鳥の会東京のシンポジウムが、下記の通り開催されます。

渡り鳥の越冬地であり、また国内の水鳥の貴重な生息地である葛西三枚洲は、現在ラムサール条約登録湿地としての登録を目指しています。

 このシンポジウムでは、東京湾と葛西三枚洲の現況、ラムサール条約の内容、葛西三枚洲と同じく干潟・浅 海域の登録地からの報告をもらい、参加者とともにこの葛西三枚洲から東京湾全体の再生を目指し、ラムサール条約 への登録について考えます。

日時: 2016年12月18日(日)13:00-16:00
場所: 法政大学市ヶ谷キャンパス 富士見ゲート棟4階-G401 
    (東京都千代田区富士見 2-17-1)

プログラム:

基調講演
 東京湾の生物と干潟の現状/江戸前の海の豊かさと恵み…風呂田 利夫(東邦大学 名誉教授)

話題提供  
 ラムサール条約とは                (環境省 野生生物課)
 都の海上公園としての葛西海浜公園      樋渡 達也(みどり環境ネットワーク! 理事長)
 葛西三枚洲の鳥類とラムサール条約      飯田 陳也(日本野鳥の会東京 幹事)
 ラムサール条約登録と荒尾干潟の漁業     矢野 浩治(熊本県荒尾漁業協同組合 代表理事組合長)    

 ディスカッション
 進行:金井 裕(ラムサール・ネットワーク日本 理事)

 総括 
 笹川 孝一(法政大学 教授)

詳細、お問い合わせについては、下記までお願いいたします。
日本野鳥の会東京 Webサイト http://tokyo-birders.way-nifty.com/blog/


2016年7月1日金曜日

シンポジウム「沖縄の自然と人の暮らし ~名護市東海岸を事例に」のご案内(7/9)

第26期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成を受けた日本自然保護協会様から、シンポジウムのお知らせです。 


米軍基地建設でゆれる沖縄島東海岸。絶滅危惧種であるジュゴンがすみ、新種や
希少種が数多く発見される生物多様性の高いサンゴ礁が広がっています。人々も、
このような多様な環境をうまく利用し、暮らしてきました。
 今回のシンポジウムでは、人と自然とがどのように関わり暮らしてきたのかに
焦点をあて、辺野古の埋め立てが進んだ場合に何が失われるのか、今後私たちは
どのように自然と付き合いながら暮らしていくべきか、じっくり考えてみたいと
思います。

日時:2016年7月9日 13:30-17:00
場所:BC鶯谷貸し会議室(JR鶯谷駅 徒歩3分)
入場料:無料、事前申し込み

※当日参加ももちろん可ですが、資料用意の都合上、事前にご登録いただけますと幸いです。

スピーカー:
・「辺野古・大浦地域における「場」の多様性の重要性~地理学からの視点~」
  中井達郎(国士舘大学・地理学)
・「海辺のくらしと自然とのつきあい方~沖縄県・嘉陽の住民と変動する海岸~」
  保屋野初子(環境ジャーナリスト・星槎大学共生科学部)
・「ジュゴンの海に抱かれて~大浦湾沿岸地域の暮らしと基地建設~」
  浦島悦子(フリーライター)
・「世界に誇る辺野古・大浦湾の海」安部真理子(日本自然保護協会)

パネルディスカッションコーディネーター:辻村千尋(日本自然保護協会)

主催:日本自然保護協会

※浦島悦子さんは鹿児島県出身。1990 年より沖縄在住。著書:『やんばるに暮らす』
『シマが揺れる』『みるく世や やがて 沖縄・名護からの発信』など


事前申し込み・問い合わせ先
自然保護協会 (担当:萩原・辻村)
メール:umi@nacsj.or.jp
電話:03-3553-4103

http://www.nacsj.or.jp/katsudo/henoko/2016/05/post-127.html

2016年6月13日月曜日

国立環境研究所公開シンポジウム2016



国立環境研究所では、毎年6月の環境月間にあわせて公開シンポジウムを開催し、
最新の研究成果をテーマに合わせて発信を行っています。
本年は東京と京都で以下のテーマで開催されます。

テーマ: 守るべき未来と「環境」の今~地球・生物・循環・安全・社会の半歩先を語ろう~

○京都会場
開催日時:2016年6月17日(金)11時45分~17時45分
開催場所:ロームシアター京都(京都府京都市左京区岡崎最勝寺町13)

○東京会場
開催日時:2016年6月24日(金) 11時45分~17時45分
開催場所:メルパルクホール(東京都港区芝公園2-5-20)
主 催:国立研究開発法人国立環境研究所


▼公式ホームページ・お申し込みはこちらから
http://www.nies.go.jp/event/sympo/2016/index.html


内 容:
国立環境研究所では、本年4月に第4期中長期計画の下に活動を開始したことを受け、
本シンポジウムでは、これまで重要な環境問題に対し展開してきた研究プログラムを中心に研究成果の発表を行いたいと考えています。
研究分野としては、地球温暖化、循環型社会、化学物質評価・管理イノベーション、東アジア広域環境、生物多様性、持続的社会、
小児・次世代環境保健、災害環境研究などを取り上げ、環境問題の「今」や「未来」について発表を行い、参加者の皆様との情報交換を行いたいと考えております。
今回の公開シンポジウムでは、6つの講演及び、研究者がご来場者の皆さまと対話をしながらご説明するポスター発表(19件)を予定しています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<お問い合わせ先>
------------------------------------------------------------------------
国立環境研究所公開シンポジウム2016 登録事務局
〒171-0042 東京都豊島区高松1-1-11
株式会社ステージ内(担当: 佐々木、古賀、稲垣)
Tel: 03-5966-5784  Fax: 03-5966-5773
E-mail: info_nies2016@stage.ac

2015年12月15日火曜日

講演会「ヒマラヤの森林限界に対する気候変化の影響」

第24期(2013年度)のプロ・ナトゥーラ・ファンド助成を受けたネパールトリブバン大学のディネス・ブジュ博士の講演会が以下の通り開催されます.ご興味をお持ちの方は是非,ご参加下さい.

 

(要旨)
 

気候変動がネパールヒマラヤの樹木限界に及ぼす影響



ディネシュ・R・ブジュ(ネパール科学技術アカデミー)
 

Key words: Abies spectabilis(ヒマラヤモミ), エベレスト地域、種組成、樹木限界の移動 

 気候変動がヒマラヤの自然に影響を及ぼしているという証拠はこれまでにもいくつか報告されてきました。ネパールヒマラヤでは他の地域よりも急速に年平均気温が上昇していることを示す気候データが得られています。狭い国土にもかかわらず標高60mから8,000m超までの幅広い標高域を有し気候の変化に富むネパールでは樹木の種数も豊富で、樹木の年輪に関する研究(年輪年代学)においてもさまざまな研究が可能です。とりわけ、高地の樹木限界(高木種が生育できる上限高度)における年輪データは過去や近年の気候変動に敏感に反応する生物指標であり、同時に高地の生物相や住民の生活の危険を知らせる警報を発する手がかりを与えてくれます。しかし、ヒマラヤ、とくにネパールヒマラヤにおいては、高地の生態系や生物種に対する気候変動の影響についての科学的な研究はまだ始まったばかりです。

 私たちは東西に細長いネパールヒマラヤの7つの高地自然保護区で、樹木限界付近の移行帯における気候変動の影響を調べるために年輪気候学的研究(年輪に記録された過去の気候条件の変化を調べる研究)を行いました。調査した保護区は東から順に、カンチェンジュンガ、サガルマタ(エベレスト)、ランタン谷、マナスル、アンナプルナ、ララ地区、アピ−ナンパ地区の7カ所で、各保護区内に2ないし3の調査地を設定しました。各調査地では、異なる斜面方位ごとに、樹木限界をまたぐ形で幅1020m、長さ100250mのトランセクト調査区(細長い帯状の調査区)を設置し、植生調査を実施しました。また、ヒマラヤモミ(Abies spectabilis)、ダケカンバ類(Betula utilis)、シャクナゲ類(Rhododendron campanulatum)等の樹木限界に生育する主要な種の計1,200本以上の個体から年輪サンプルを採取し、年輪幅に見られる気候の影響、新規個体の定着、樹種ごとの個体群動態等について解析しました。

 研究の結果、樹木限界の標高は東部ネパールでは海抜4,150m、西部ネパールでは3,800mと、東部で高いことがわかりました。また立木密度、基底面積(BA、全ての個体の樹幹断面積の合計)、胸高直径、樹高、樹齢といった数値はいずれも標高が上がるにつれて小さくなる傾向が見られ、樹木限界が条件によって変動することが明らかになりました。ほとんどの調査地で、新規個体の定着はヒマラヤモミの方がダケカンバ類より旺盛でした。これらの樹種の樹齢構成を見ると、多くの調査地で、ほぼ同齢の集団が空間的にまとまりつつ、同時に樹木限界が標高の高い方へ移動しつつあることがわかりました。年輪データの解析によると、ほとんどの調査地でダケカンバ類がはじめに侵入し、後にヒマラヤモミに取って代わられていることがわかりました。近年、ヒマラヤモミの新規個体の定着がダケカンバ類よりも盛んであることから、ネパールヒマラヤの樹木限界は樹種構成の変化を伴いながら移動しつつあることがわかりました。

 ヒマラヤモミの分布域は標高にして年間1.13.6mの速度で上昇しつつあります。各調査地に共通して見られた年輪幅変動の傾向は、ネパールヒマラヤ全域に及ぶ気候条件が樹木の成長と定着に影響していることを示しています。成長や新規個体の定着と気候条件の関係を解析した結果、モミ類については冬季の温暖化と夏季の湿潤化が新規個体定着を促進し、プレモンスーン季(35月)の気候条件が年輪成長を促進していることがわかりました。ダケカンバ類の成長はおもにプレモンスーン季の水分条件によって左右されているようです。個体群構造や気候条件に対する成長反応の違いは、種によって気候変動に対する反応が違うことを示しています。従って、今後の気候変動に対する反応は樹種によって大きく異なることが予想されます。こうした変化は、樹木限界のすぐ上にある放牧地に依存して生活している貧しい山地民の生活にも影響を及ぼすでしょう。(翻訳 尾崎煙雄)